口臭の自覚がない原因とは?!

口臭は自分ではどれくらいなのかわかりずらいもの!つまり口臭の自覚がないということです!その原因について解説します。
MENU

口臭の自覚がないのはなんで?!

口臭を気にする男性

 

最近スメルハラスメントという言葉が普及してきています。

 

や口臭、香水のきつさなど様々な「臭い」で周囲に迷惑を与える行為ですが、
他のハラスメント行為とちょっと違うのは、本人に必ずしも悪気があるわけではない…
という点です。

 

つまり、自分では口臭に全く自覚がなく、
それが他人への迷惑になっていることに全く思い当っていないのです。

 

単に、本人の嗅覚が麻痺するほど強い口臭になれきってしまって自覚がない、
ということももちろんあります。が、もっと厄介なのは別の原因で
本人に口臭の自覚がない場合です。

 

例えば、ひどい鼻風邪や鼻炎が悪化してしまった場合。
元々鼻づまりが原因で口呼吸になり、口内の乾燥が原因で口臭
がきつくなることがあるのですが、この口臭は周囲の迷惑にこそなれ、
本人は鼻がつまって嗅覚が鈍っているので、全く自覚できないことが多いのです。

 

さらに、この鼻づまりが原因で副鼻腔炎になり、
さらに慢性的な蓄膿症になると、顔の器官につまった膿が悪臭を発し、
それが口から漂って口臭の原因となります。

 

ここでも、本人は口臭を自覚することができません。

 

このように、本人が自覚できていない場合の臭い対策は難しいものです。
家族であれば少し突っ込んで指摘したり、一緒に原因を考えてあげることもできるでしょうが、
職場の同僚などではかなり言いにくいですね。

 

さりげなく、「鼻風邪はひどくすると蓄膿になって大変なことになるから、
今のうちに病院へ行って完治したほうがいいよ」などとすすめて
みるのが得策でしょうか?!

 

>>>大きな口臭原因の1つ!舌苔の取り方とは?!

 

このページの先頭へ